内視鏡室で働く看護師

仕事の特徴と仕事内容

胃カメラや大腸カメラ、気管支鏡など、上部や下部からカメラを挿入して検査を行っていきます。
安全・的確・迅速な検査を実施する事はもちろん、医師・患者さんとの打ち合わせ、機械・器具の準備、検査中・検査直後の患者さんの状態チェック、機械・器具の洗浄、片付けなど、検査以外の仕事も多くあります。
病棟勤務の看護師とは違った仕事内容が求められる為、即戦力を求める病院では経験者しか採用しない場合があります。
慣れるまでは機器の取扱い方や洗浄方法などに手間取る事もありますが、メモを取ったり、先輩に確認しながら一つずつ覚えていけば未経験でも十分に目指せる職場です。
検査の際に行う点滴は、絶食で脱水傾向にある患者さんの血管が細くなる為、通常よりも処置が難しくなる事があります。
点滴に不慣れな看護師は苦労するそうです。

活躍できる職場

内視鏡検査を実施する診療科としては、胃腸科や消化器科、肛門科などが知られていますが、最近では内視鏡検査を専門に行う内視鏡センターや内視鏡科などを設置する医療機関が増えてきています。
また、がんや胃潰瘍などの患者さんも増えてきている為、内視鏡検査室を設ける医療機関も増えてきていて、総合病院からクリニックまで様々な規模の医療機関があります。

働くメリット

まずは、内視鏡という特殊な検査に関するスキルが身につくという事です。
最先端の医療を行っているので、やりがいを感じる方も多くいます。
また、基本的に検査は日中行われる為に夜勤もなく、日勤のみというケースも少なくありません。
家庭の事情などで日勤しかできない看護師にとっては人気の高い部署でもあります。

働くデメリット

特殊なスキルを身につける為には、その為の勉強を行う必要があります。
これまではカメラで内部の状態や病巣について確認するだけでしたが、検査からそのまま切除ができるようになったり、カプセル型の内視鏡が採用され始めたりと、常に技術革新が行われている分野です。
最先端の医療に携わる事にやりがいを感じる方がいれば、逆に負担に感じる方もいるのです。
基本的には夜勤がないので、夜勤手当はつきません。
その為、給与は夜勤のある病棟の看護師よりも低くなる傾向があり、物足りなさを感じるかもしれません。

スキルアップの為には

内視鏡検査の介助を行う看護師や医療従事者が取得できる、内視鏡検査技師という資格があるのをご存じですか?
この資格を取得する為には、学会に所属する専門医の下で介助実績を積む事が求められますが、講義を受け、認定試験に合格する事で内視鏡のエキスパートとしてキャリアを積むことができます。
中には、内視鏡検査技師を取得する為のバックアップをしてくれる医療機関もあります。

トップページへ

トップへ戻る