手術室で働く看護師さん

始めに・・・

加速する高齢化社会に伴って、手術件数は年々増加しています。
手術室における看護配置は、1室につき4人配置の状態が望ましいとされています。
ですが、その状態の病院はまだまだ少ないというのが現状で、今後より多くの手術を安全に行うには看護師さんの確保が不可欠と言われています。
実は非常に需要が高まっている部署です。
手術室で働く看護師さんの主な仕事内容は「器械出し」と「外回り」の2つです。

器械出し(直接介助)

手術で使用する器具を手渡す等、主に医師のサポートを行う役割です。
・手術器具を用いた疾患部への直接援助
・術野に使用する手術器具の判断
・医師への手術器具の手渡し
・手術中の滅菌状態の保持
診療科によって取り扱う器具が変わりますし、手順も違います。同じ診療科でも医師によって様々な癖があります。
器械出しは手術室での勤務をする上で必要な知識を全て身に付ける事ができる為に、新卒者や未経験者は配属後にまずこの業務を担当するケースが多いです。

外回り(間接介助)

手術中における患者さんのケアを行うと同時に、手術室全体の流れを把握するマネージャーのような役割です。
・手術前訪問の際の声掛け
・術中の体位交換
・看護記録の作成
・輸血タイミングの指示出し
・手術後、病棟への申し送り
外回り役の看護師さんは患者さんの家族へ状況を伝えに行く役目も背負っていますので、手術で不安になる事も多い患者さんやその家族に対してメンタルケアを行うという大切な役割があります。

手術室で働く魅力

スペシャリストになれる事が手術室勤務の最大の魅力だとよく言われますが、

①病棟看護師としての成長に繋がる
②比較的生活リズムを整えやすい職場

以上の2点も大きな魅力だと思います。
①手術室での勤務は、患者さんの手術中の状態を詳しく知ることが可能です。病棟勤務では術前と術後の患者さんが対象となりますが、手術中の状態や処置の仕方を知っている事によってさらに深く患者さんの為の看護ができるようになります。
②整形外科や肛門科、眼科等の「緊急手術」ではない「予定手術」のみの手術室は比較的残業も少なく、夜勤やオンコールがない(日勤のみ)病院や土曜・日曜が固定で休みの病院もあります。
週に数回しか手術がない病院では非常勤の方も働いていてママさんナースも活躍中です。
ただ、手術件数が少ない病院だと内視鏡室や外来との兼務だったり、中材業務があったりします。
手術室と聞いて「私には無理」、「よく分からない」という声をたくさん頂きますが、実は働きやすい職場だったりします。

オペ室求人検索結果

静岡・静岡市の看護師求人・転職情報なら「看護師求人センター静岡」求人数常時1000件以上。法人の基本情報から給料等待遇、マル秘情報まで、あなたの知りたい病院、施設の情報を調べ放題! お一人での転職活動に不安があれば、お気軽にご相談ください。

トップページへ

トップへ戻る