救急外来で働く看護師

救急外来で働く看護師

救急外来とは、緊急を伴う患者さんの救急処置を行う部署の事を言います。
英語ではEmergency Room(略してER)と呼びます。
日夜問わず、突然具合が悪くなった方や交通事故で運ばれてきた方など、生死が問われる患者さんに対し、迅速かつ適切な救急処置を行う必要があります。
原則は一般外来で勤務をする看護師と同様にドクターの指示で行動しますが、緊急を要する現場である事や、最低限のメンバーで救急処置を行う事もある為、ドクターの指示を待っていては間に合わない場合も出てきます。
状況によっては、自らが判断を下して対応しなければならない事も多々あります。
一分一秒を争う緊迫した現場では、一から十までの説明はありえません。
少ない説明でも指示を正確に理解して行動する事が求められるのです。
実践する為に最も必要な要素は、コミュニケーション能力です。
看護師は、患者さんやその家族・関係者、または救急隊員から発生の状況、容態の変化や既往歴など、救急処置をする上で必要な情報を収集しなければなりません。
意識が朦朧としている患者さんや動揺を隠し切れずに気が動転している家族・関係者に対して、満足な受け答えが難しい状況でも短時間で正確な情報を収集するのです。
また、救急処置をしている現場では、スタッフ全員が忙しそうに動き回り、大きな声をあらげ、ただならぬ雰囲気を醸し出します。
その現場を見ている家族・関係者の不安感は計り知れません。
心配する家族・関係者へ駆け寄り、目を向けて声をかける事で不安を和らげる事も大きな役割のひとつなのです。
そして、医師やコメディカルと連携を取り、チームワークを強めなければならない為、コミュニケーション能力はスタッフ間にも求められます。
次に、ハイクオリティな看護スキルと強靭なメンタルが求められます。
気道確保やルート確保、採血、酸素投与など、様々な救急処置を行いますが、ピンと張りつめた緊張感が常に漂う過酷な環境である事は間違いありません。
その環境下において、高度な知識や適切な判断力、落ちついて対応できる経験値、何があっても動じない強い心が問われる職場だと言えるでしょう。
選ばれた者が就ける部署でもありますので、最先端医療のもとで最善を尽くす救急外来は、非常にやりがいのある仕事ではないでしょうか。

救急外来の検索結果

静岡・静岡市の看護師求人・転職情報なら「看護師求人センター静岡」求人数常時1000件以上。法人の基本情報から給料等待遇、マル秘情報まで、あなたの知りたい病院、施設の情報を調べ放題! お一人での転職活動に不安があれば、お気軽にご相談ください。

トップページへ

トップへ戻る