療養型病棟の働き方

療養型病棟とは

近年、高齢者の増加が社会問題となっています。療養型病棟の役割が大きくなり、もちろん需要も増えています。
療養型病棟とは、急性期を過ぎて状態は比較的安定しているものの、治癒困難な状態が続いていて、まだまだ看護・介護が必要な状態の患者さんが入院している病棟です。
入院期間は1年以上と長期間に及ぶ場合も珍しくありません。
基本的には状態の落ち着いている患者さんが入院しているので、配置スタッフの数は一般病棟よりも少ないです。
一般病棟は、医師が患者さん16人に1人以上、看護師が患者さん3人に1人以上が義務付けられていますが、療養病棟は、医師が患者さん48人に1人以上、看護師が4人に1人以上と決められています。
また、療養病棟には看護助手の配置が義務付けられており、患者さん4人に対して1人以上を配置するようになっています。

療養看護の実は…

設備も病気の発見や診断、治療に必要な医療機器は少なく、基本的には療養に必要な医療機器だけを置いています。
その代わりに談話室を広く設置したり、病室自体が広い設計になっていて、長期の療養生活に適した作りなっているところが多いです。
仕事内容は、状態の安定している患者さんが多い為、医療補助の仕事は少なく、介護に関わる仕事が多くなります。
長期入院の患者さんが多いので、患者さん一人ひとりと向き合って深い関わりを持った看護を提供できます。
一般病棟では、入院期間が短縮される傾向にあり、一人ひとりの患者さんとじっくり向き合って看護をする事が困難な場合が多いです。
療養型病棟では、長期入院の中で患者さんの特徴や傾向をしっかり観察し、患者さんの個性を大切にしながら看護計画を立てる事ができるのです。
一般病棟に勤めていて、自分の理想とする看護ができないと悩んでいる看護師さんは、療養型病棟に転職してみるのもいいと思います。 褥瘡や皮膚のトラブルを抱えている患者さんも多い為、その分野に興味のある看護師さんにもオススメです。
受け持つ患者さんの数は多いですが、比較的状態の落ち着いている患者さんが多い為、職場の雰囲気もゆったり穏やかな所が多く、残業もそれほど多くないというメリットもあります。
既婚者や結婚や出産を機に退職した後、復職を考えている看護師さんや育児に追われているママさんナースにはピッタリの職場といえます。急性期の患者さんが多い一般病棟では、仕事も激務で残業も多い為、家庭や育児と仕事を両立させるのは難しいですよね。
仕事に追われて、家事や育児がおろそかになってしまっては、家庭や育児だけではなく、仕事にも影響が出て悪循環になってしまいます。
その点、療養型病棟での仕事は、比較的余裕があることが多いので、仕事と家庭や育児をうまく両立させることができるといえます。

静岡県の療養型病院の検索

静岡・静岡市の看護師求人・転職情報なら「看護師求人センター静岡」求人数常時1000件以上。法人の基本情報から給料等待遇、マル秘情報まで、あなたの知りたい病院、施設の情報を調べ放題! お一人での転職活動に不安があれば、お気軽にご相談ください。

トップページへ

トップへ戻る